4.png
1.png

  
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今更】新型iPadまとめ【黒】

宣言通り、本日二度目の更新。

待ちに待った『The new iPad』について、今更ながらまとめてみます。

二度目となる今回は、iPad 2と比較。

「New iPad、買うべきか否か!?」

そんな[黒]記事です。

さて、新『iPad』をちゃんと知りたい方はコチラの記事をまず読んでください。




では本題。



■僕が今年のお正月にiPad 2を購入したわけ

今年の年始。
僕はお正月セールで、一日限定値下げされたiPad 2を買おうとしていました。
そこで浮かんだのは、やはり今買うべきか否か。
3月にiPad 3が正式に発表されるのではないかという噂が流れている中、果たして今この時に買うべきなのか!

…五分悩みました。

すると五分前に注文したとんこつラーメンが出てきました。
食べました。
ずるずるずる…
美味しかったです!

98826_l.png


で、新型とんこつラーメンの話ですが、
…じゃなくてiPadの話ですが、食べ終わる頃にはちゃんと決めました。

買うことにしました↑↑

なんでかって、iPad 3の改善点が簡単に予想できたからです。
・プロセッサの改良
・Retinaディスプレイ搭載
・4G対応
・カメラの改良
・iOS 5.1の登場
・Siriの日本語対応

当時僕が予想したのはこの6点です。

結論からして…
全部当たってましたねww

ただ、見逃していたのがカメラ。
僕はこのとき、iPad 2のカメラはiPhone 4と同じ性能だと思っていました。

し か し !

いざ買ってみると、iPad 2のカメラのえらい悪いことww
もうお世辞にも綺麗なんて言えない写真が撮れましたw
まずノイズが日酷いです。とくにiPadの大画面なんかで見れたもんじゃない。
ただ、iPhoneで発生していた、蛍光灯下で撮影したときに生じる緑カビですが、この現象はiPadでは見られませんでした。これはよかった~

で、話を戻しますが、カメラのことを考えていなかった僕は、今現在そのことを少し後悔してますw
まさかこんなにひどいカメラだなんて思っていませんでしたからねww
なんで新iPadのカメラ改善にはクソーッでした。


■iPad 2と新iPad

compare_hero_ipad2.png   compare_hero_new_ipad.png


今回発表された新機能のうち、
・カメラの顔認識追加
・iLifeとiWorkの改良
の2つはあくまでもソフトの問題なので、今までのiPadにも対応しているということ!
つまり、これらの機能は「新型iPadの」ではなく「全てのiPadの」新機能というわけ。

また、新しく搭載された『A5Xチップ』だが、名前から分かる通りに大幅な性能の向上・処理速度の改善はしていない様子。
具体的な性能の変化について正式な発表はありませんでしたが、一部では以前の2~3倍程度と言われています。
ただ、僕の予想では、Retinaディスプレイになりマシンへの負担が大きくなった分、iPad 2との性能の大差はないと思います。


■結局、新iPadは買うべきなのか




これは完全に僕の個人的意見ですが、新iPadは買うべきでないと思います。

まず、Retinaディスプレイ搭載といっても、今までの解像度でもさほど困ることはありませんでした。
そして「今までの4倍の解像度」というイメージに引っかかりがちなのが(これはiPhone 4発表時にもあったことですが)、現時点で綺麗になるのは、あくまでも写真とビデオのみということ。
どういうことかというと、
iPadはiPhone/iPod touchに比べ普及率が圧倒的に低いです。
そのため、Retinaディスプレイに対応したからと言って、全てのアプリがRetinaに対応するとは限りません。
画面の解像度が4倍になったということは、今までの解像度に対応させて作られているアプリは今までの4倍荒くなるということです。
分かりやすく説明すると、漫画単行本の1ページを、教科書見開きいっぱいに引き伸ばして見るようなモノです。そうすれば画像が荒くなるのは当然ですよね?

実際にiPhone 4発表時、つまりRetinaディスプレイ初搭載の際には、ほぼ全てのアプリがRetina対応せず、荒い画像でアプリを使うことになっていました。
今となってはもうそんなこともありませんが、初めのうちは従来のディスプレイのほうが鮮明に感じました(笑)
そして今回はそれがiPadで起こるわけですが、さっき書いた通り、iPadはiPhoneやiPod touchに比べて圧倒的に普及率が低いため、アプリがRetinaに対応していくのも遅いでしょう。

また、よく考えてみれば、今回新たに搭載された『新機能』は、わざわざプライスダウンしたiPad 2より一万円も多くの金額を出すほどの魅力がないように感じます。

どうせなら、再びiPad 4を待つか、100米ドルプライスダウンしたiPad 2を買うほうがいいでしょう。
それかいっそのこと、Windows 8タブレットやKindle Fireを買うのもいいかも知れません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
Profile
\ぼくをクリックするドン!/
\一日一回だドン!/

Name:Elise
†Links†
各サービスのマイページです。


imgsrc.png
Twitter

Twitterボタン
Counter
 ブログの訪問者数が2万人を突破。
Comments
Category
Links
†Special links†
▼Taiko Drum Master▼ ▼THE iDOLM@STER▼ 1316926525tdxjqiCb_20110925140805.gif ▼Atelier Totori▼

Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。